Home > html / xhtml / css > | 概念 > ページ構成について - サイドメニューとセンターコンテンツ -

ページ構成について - サイドメニューとセンターコンテンツ -

どうも、お疲れ様です。


今回は前回に引き続き、サイドメニューとセンターコンテンツの組み方について書いてみたいと思います。

一般的に SEO 対策を考慮したつくりにしようと思った場合、ソースを書く時の順番として、「ヘッダー⇒センターコンテンツ⇒サイドメニュー(レフト、ライト)」という構造でテンプレートを制作されている業者さんが多いです。
それは間違いではないと思います。

あまりサイト制作について深い知識のない方にはよく分からないお話かもしれませんが、ソースの書き方によって、レフとメニューより上部にセンターコンテンツのソースを書くことが出来たりします。
この辺りは、 xhtml と css で調整をすることで可能です。
参考はこのブログのソースを見て頂くと分かると思います。笑
(※このブログのテンプレートは http://vicuna.jp/ 様のテンプレートです。ホントにオススメです!)

さて、話は戻りまして。。

では、その書き方だけが全てかと言うと、そうでもない気がします。
それはコンテンツの内容によって変わります。
例えば、 ec サイトさんの場合、サイドメニューに商品カテゴリ名が並びます。
サイトの主要コンテンツとしてヘッダーの内容の次に主張すべき内容は、商品のカテゴリと商品名になるかと思います。
とゆうことは、サイトのトップページに商品名が並んでいない限り、サイドメニューをソースの上部に持ってくる方が賢い選択のように思えます。
この場合はセンターコンテンツを上部に持ってくると、アピールすべき内容が下に来てしまうような気がします。
ただ、これもタグの使い方も絡むので、 ec サイトの場合、サイドメニューを先に書いた方が一般的なサイト構成ということを前提にすると、いいんじゃないかなぁ・・・と思う次第なのです。

では、一般ユーザー書くようなブログの場合はどうなのか、、という考察です。
ブログのサイドメニューは、かなり大雑把な内容しか書かれていないことが多いかと思います。
tag cloud なんかのように、的確なキーワードが出てきることもありますが、基本、それだけのような気がします。
センターコンテンツには、そのブログを執筆している人の見聞きしたことがかなり幅広く書かれていて、その中にはキーワードがかなり多くちりばめられていると思います。
自らのブログを検索エンジンにアピールしようと思ったら、多くのキーワードがたくさん入っているという特徴を活かして、ロングテールを狙うべきだという判断が最適な判断だと思います。
ということは、サイドメニューを先に持ってくるより、センターコンテンツを先に書いた方がいいんじゃないかなぁ・・・と思う次第なのです。

まぁ、あくまで一例なので、コーポレートサイトが云々とか、掲示板サイトの場合はどうなのかとか、色々あるとは思うのですが、その辺りはご質問を頂いた際にスポットで返信をするように致します。(←逃げではないですよ、と。。w

また、タグの効率的な使い方でも左右されることが多いので、そのうち的確なタグの書き方と、それによっての解釈のされ方について、私見を書いてみようと思います、、、そうのうちですね。。汗


とゆうことで、次はフッターについて書こうと思います。
ってゆうか、もうフッターは必要ない気がするのは気のせいかな。。

Comments:1

hayato 2008年12月 6日 14:41

テスト

Home > html / xhtml / css > | 概念 > ページ構成について - サイドメニューとセンターコンテンツ -

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top