Home > html / xhtml / css > | 概念 > タグの解釈

タグの解釈

おはようございます。


今回はドメイン変更をしてから初の投稿です。w
気合が入ります。


今回はタグの解釈というところについて、書いてみようと思います。
これは割りと当たり前と言えば当たり前のことなので、どちらかと言うと、 xhtml / html の初心者講座みたいになってしまうような気がしています。

さて、タグの構成というのはどういうことかと言いますと、必要タグを揃えることでサイト内の強調キーワードが解釈しやすくなる、という意味のタグです。
そのタグを挙げてみますね。

XML宣言
strict
title
meta keyword
meta discription
h
p ( div )
strong
em
ul li
dl dt dd
address

概ね上記のような感じだと思います。
ただ、守られていないサイトもありますし、全て当てはまるわけではありませんが、内部対策をする上で改善することが出来、また、上記の内容が揃えることが出来れば、正しい構文で書かれていると認識できると思います。
構文エラーについて、予めですが、これはエラーが出てもある程度仕方ない場合があったりしますので、文書構造でのエラーが出なければいいかと思っています。
例えば、「閉じタグを忘れている」というのは問題外ですが、 input タグを div や p で囲みきれないなどは特別問題視するようなエラーではないということです。

では、解説に入ってみようと思います。

◇XML宣言
これがないと文字エンコーディングの問題を解決しないので、クローラーが文字化けした状態で読み込んでしまうことがあったりするかもしれないです。
また、 w3c が定める文法上、あるに越したことはないわけなので、その点については簡易チェッカーに引っかかっても可笑しくないと思えます。

◇strict
transitional でもいいのですが、 strict で書かれていて、簡易チェッカーに引っかからなかった場合、知識や作業レベルを図り知ることが可能です。
また、 strict の場合にエラーがないということは、 w3c が求めるサイト像に最も近い記述でサイトが構築されていることになるわけです。
そういう視点で見ると、この記述以下のタグにも影響が出るので、簡易チェッカーとしては採点の対象に入っても不思議ではないと想定します。

※上記の 2 つのタグについてはあくまで私の想定です。
もし、人が人を判断する場合、、、
例えば、面接などで数字にならないモノを採点する場合、人の見た目の印象を採点するのと同じような感覚に近いです。
簡易チェッカーですぐにチェックをかけることが出来、上記の 2 タグによっては、物凄く簡単につくられていることも容易に想像出来たりします。
事実、 vicuna さんは、こういったルールを厳密に守られています。
ただ、動的なサイトに関しては非常に難しいこともあるため(かなり時間がかかってしまいます)、守られていないことに関する減点はないと思いますが、守るに越したことはないと思うわけです。

◇ title
これは誰もが知るところだとは思うのですが、そのページやサイト内の情報を最も簡潔にしたデータになりますので。。

◇ meta keyword
これは、本で言うところの目次的な感じになるのではないでしょうか、そんな気がしています。
最近は、お慰み程度・・・というようにも聞いていますが。w

◇ meta discription
これは、本で言うところの前書きになるような気がしています。
この文章は否応なしに読んで間違いのない箇所だと思います。
そのため、変に長くなることはあまりメリットのあることとは思えません。
どうしてかと言うと、本の前書きにあることは、本の内容を一部抜粋して書かれていることが多く、無駄にキーワードが羅列されている状態ではないためです。
そのため、一定数を超えるキーワードを取得すると、それ以上はキーワードの効果がなくなってしまうと思えるのです。
まぁ、解釈の仕方はそれだけでなく、 metakeyword と metadiscriptyon のキーワードと、一つのドメイン内にあるキーワードの比較をすることで、嘘を書いているかどうかの判断が出来るので、そういった解釈も出来ると考えています。

◇ h*
これは言わずもがなと言ったところでしょうか。
どうして、 h は 1 から 6 まであるかということを考えて見ます。
一区画のコンテンツにも伝えたいことの優先度があると思います。
その優先度の解釈というように考えます。
サイトの構成として、ソースの上部から下部へ 1 から 6 と流さなければいけないルールがあるようです。
2 以降については何度使っても OK というのは、サイトの構成上、他の媒体(新聞や本や雑誌)の情報掲載時と比較しても同じようになると思います。


と、かなり長くなりそうなので、残りの以下のタグの解釈については、次の記事にしようと思います。

◇ p ( div )
◇ strong
◇ em
◇ ul li
◇ dl dt dd
◇address

何度も言うようで恐縮ですが、ここでは、あくまで私見を書いているだけです。
google さんや yahoo さんが、ここまでの解釈をしているかどうか分からないのですが、サイトの情報やサイトの構築レベルを指し図ろうと思うと、これくらいの解釈をしてても可笑しくないと考えた上で記載しています。
何せ、システムは文章の解釈は出来ないので、キーワードやタグを拾って、それらを整理して、点数をつける、ということでしかサイトの優先順位が図れないと思うわけです。

外部要素はここでは考えていませんが、悪しからず。。

では、次回をお楽しみに!!

関連エントリー

Home > html / xhtml / css > | 概念 > タグの解釈

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top