Home > 概念 > | 概念 > 良質サイトフラグと悪質サイトフラグについて

良質サイトフラグと悪質サイトフラグについて

どうも、お疲れ様です。


今回は良質サイトフラグと悪質サイトフラグについて書いてみようと思います。

ここで言う「良質サイトフラグ」と「悪質サイトフラグ」というのは、概念上のお話で、実際に google さんや yahoo さんがそのような呼び名で区分けしているかどうかは分かりませんが、まずはそれについてご認識を頂けたらと思います。


良質サイトフラグとは、読んで字の如く「コンテンツは豊富で充実している」ということを判別するための基準に達したサイトのフラグです。
また、悪質サイトフラグとは、スパム扱いをするための基準に達したサイトのフラグです。

例えば、数百件から数千件に達する程の外部被リンクが認識されたら、大概スパム扱いをされてしまいます。
ところが、 2ch や mixi さんみたいな有名サイトに外部被リンクがたくさんあってもスパム扱いをされません。
それどころか、かなりの量になるかと思います。
これはどうしてなのか。

これは偏にアクセス数と外部被リンクとして識別される量が半端ではない数字に達している、若しくは人の手によってそういうフラグを立てているからだと思われます。
ただ、 google さんについては、人の手を入れて何かをしていることはないようなので、 google さんについては、人の手はないものとして、、ただ、 yahoo さんについては分かりません。
ってゆうか、 yahoo さんの場合はディレクトリへの登録時に人の手が入っているので、人の手が少なからずとも入っていると考えても可笑しくないと思います。

単にアクセス数だけを識別していると想定します。
例えば、ツールバーからの誘導数、 Alexa の算出している数字などなど、参考とすることが出来るアクセス数はたくさんあるかと思います。
そうすると、特定のサイトやデータの中で一定の数字を超えるサイトについては「良質サイトフラグ」を立てることが出来ます。

外部被リンク数が半端ではないくらい多い場合について。
単に外部被リンクを多くするためには、自動投稿システムを用いて対応可能です、
ただ、ソーシャルブックマーク関連のコンテンツや無料レンタルツール系のサービスサイトからの被リンクが多いなど、特定のドメインからの被リンクが多い場合、スパムではない可能性が非常に高いです。
それどころか、口コミ系の書き込みである可能性が非常に高いです。
そういった被リンクを認識した時、同じスパムとして扱うわけにはいかないため、そういった一定の基準を設け、純粋な口コミコンテンツとして認識をすることが出来ます。
そのため、外部リンクが以上に多くなるため、「良質サイトフラグ」を立てることが出来ます。

「悪質サイトフラグ」についてはインデックスから削除されたり、そういうデータベースに溜められることは容易に想像がつくので、ここでは省きたいと思います。

まだまだ沢山の基準がある可能性が非常に高いですが、まずはそんなところだと思います。
じゃないと mixi さんなんかは SEO 対策をする上で、かなり分が悪すぎるのに。。w


まずはそんなところだとは思います。
次はスパム扱いのことについて書こうと思います。

とゆうことで、次回お楽しみに☆

Home > 概念 > | 概念 > 良質サイトフラグと悪質サイトフラグについて

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top