Home > SEO対策 > | 概念 > IP アドレスを分散させたサーバーサイトの被リンクについて

IP アドレスを分散させたサーバーサイトの被リンクについて

どうもお疲れ様です。


今回は以前からずっと気になってた IP アドレスを分散させたサーバーサイトを被リンクに持つことが効果的か否かについて書いてみたいと思います。

私見結論から書きますと、「意味があってないようなもの」という感じで受け取っています。
要は、 IP アドレスに優劣をつけるためのロジックが分からないということです。

例えば、 IP アドレスとドメインを収集して、その IP アドレスに紐付いているドメインの量でポイント付をしたとすると、数十個ついている場合と、一つしかついていない場合では、天と地程の差が出ます。
また、そのポイントをリンク同士で点数を出して、、、とページランクみたいな形式で計算されてたりすると、レンタルサーバーで構築しているような趣味サイトなど、検索結果に引っかけるのは、かなり難しい話になってしまいます。
まぁ、アクセス数を集めたり、有名サイトから被リンクを集めると話はまた変わると思うのですが。

そこまでの決定的な差別をしていないとすると、「一つの IP アドレスに対して、複数のドメインをつけている」ということと、「一つの IP アドレスに対して、一つのドメインをつけている」の 2 つ(若しくは、幾つかの段階を設ける)しか残らなくなります。
そしたら、必然的に、大した問題ではない、というようになるかと思えてくるわけです。

ってゆうか、「 IP 」と「 SEO対策 」というワードで検索した時に出てくるページが怪しいのと(説明に具体性がないような気が。。)、某 SEO 対策提供有名会社さんの無料レンタルツールがそんなに多くの IP アドレスを使っているとは思えないため、分散した IP アドレスが決定的な気がしないです。

IP アドレスが云々というお話が出てくると、ぼくが運営しているサイトは検索結果の 1 ページ目とかに一切合切表示されないくらいの勢いです。w
もし、 IP アドレスに優劣をつけるロジックがあるのならば、教えてくだしあです。

とゆうことで、反論は出来るだけ頂きたいと思ってますので、いつでもご遠慮なくご指摘を頂けますと幸いです。

Home > SEO対策 > | 概念 > IP アドレスを分散させたサーバーサイトの被リンクについて

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top