Home > html / xhtml / css > | html / xhtml / css > html ソースについての考察

html ソースについての考察

おはようございます。


今回はページのソースについての考察を書いてみます。

html とは言いつつも、最近は xhtml で書かれているサイトが多く、そろそろ html とは言わず xhtml と呼ぼうかと思う今日この頃です。
html で書かれているサイトは古いイメージがあって、 xhtml の方が SEO 対策では有効である、というようにも言われていることが多いと思います。
実際のところどうなのでしょうか。

同じ html でも、 frameset 、 transitional 、 strict の 3 種類があって、 4.01 やらなんやら。。
doctype の設定がなくてもページは表示されて、、とルールがあってないようなものです。

そもそも、 google にしても yahoo にしても、ルールを守った記述はあまりされていません。
むしろ、そんなのは二の次で、きっちり表示されているか、されていないかを判断基準にしているように思われます。

とゆうことで、 html と xhtml とで、ちょっとした比較をしてみました。
ポイントは、、
「どちらが早くインデックスされるか」
ということと、
「どちらが先に上位に表示されるか」
です。

結論だけを言ってみると、 google では、先にインデックスされたのも先に上位に表示されたのも、 html で書いた方でした。
yahoo の場合は、 xhtml で書いたサイトが先に上がってきて、上位に表示されました。
他の事例はたくさんあるのですが、ここでは上記の件だけで書いてしまいます。
google はあまりページのソースは見てなくて、あまり関係ないものと思っています。
しかし、 yahoo は割と厳しい感じで見てるのではないかぁ・・・という気がします。

だからと言って、妥協して書いたソースでまかり通る程、優しいものではありません。
そのうち、ソースの解析レベルが上がるにつれて、検索結果に表示されるサイトの構成レベルが問われるようになると見込んでいます。
yahoo がそうであるように。
そもそも論をすると、検索結果の上位に表示されるためなら、ユーザビリティやメンテナンス性を配慮しないようなサイトが、生き残れるわけがありません。笑
xhtml で書くと、ほぼ css での構成がメインになると思います。
html だとあまり css は使わないように思えます。
となると、ちょっとしたページの構成変更をする際に、かなり大きな手間がかかるようになってしまいます。
そうなると、時間や費用もかかるので、メンテナンスを細かく出来るわけがないです。
細かいデザインの修正をしようと思ったら、 css の方が楽ですし。

ということを諸々考えると、 xhtml で正確な記述の方が優れたサイトであり、明確な差が現れるんですよね。
アクセス数にも影響するわけなので。
以前の記事にも書きましたが、 SEO 対策の決め手はサイトへのアクセス数です。
アクセス数に繋がらない施策は最終的な意味をなさないものと考えています。
アクセスするのはユーザーだけではなく、クローラーもアクセスするということを念頭に置いてサイトを運営すると、おのずと何をすべきかが見えてきます。
なので、そのすべきことをすることが SEO 対策というようにぼくは考えています。

このブログやもう一つのブログでそれを体現して証明することが出来るように頑張ろうと思う今日この頃です。

Home > html / xhtml / css > | html / xhtml / css > html ソースについての考察

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top