Home > html / xhtml / css > | html / xhtml / css > html ソースについての考察 その弐

html ソースについての考察 その弐

どうも、お疲れ様です。


先に一度、 html についての考察をしました。
その時に、正確なソースとそうでないソースの比較をしました。
その時の結論として、正確に記載されていないソースの方が先にインデックスされていました。
ところがどっこい、数日後、すぐに xhtml できれいに書いたサイトが上に上がってきました。

とゆうことで、やはりソースの正確さは明確に現れるようです。


さて、私が常々考える SEO 対策とは、アルゴリズムには必ず点数をつけることが出来る基準があるので、その点数を稼ぐことと考えています。
先日からの考察では、点数が見えてこないと思ったので、敢えて点数をつけるための考察を書いてみたいと思います。


html は全て解析されている昨今です。
そのため、正確に html を記載されている方がいいに決まってます。
どうしてそのように言い切れるか、、、という点について。

もし、 google や yahoo が各 html の点数をはじき出していたら、それがそのまま評価点数になります。
また、そこまでしていないにしても、一定のルールによって点数をつけることが可能です。
そのため、基本タグの正確な位置や記載方法は厳格に点数をつけることが出来ます。
オープンソースについても、それらのタグ記述が一定化されているので、一定の点数をつけることが可能です。
そのため、 html なり xhtml にしても、正確な記述をされている方が上位に表示されやすいです。

html の記述についてですがこれはコンテンツにも影響します。
正確に記述すると、コンテンツの内容が正確に反映されやすいです。
例えば、 title タグや h タグや p タグや ul / li などで括られている箇所の単語に点数をつけることで、明確なサイトコンテンツを判別することが出来ます。

ただ、タグだけを正確に記述をしてもブラウザバグが起こるため、それだけを重視するわけにはいきません。
その辺りのバランスを google や yahoo がどのように捉えているか分かりませんが、そのように考える次第です。

だけど、 html だけがキッチリ書かれていても総合評価は上がらないのでそれらを考えながらコンテンツをたてなきゃいけないと強く思う今日この頃です。

Home > html / xhtml / css > | html / xhtml / css > html ソースについての考察 その弐

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top