Home > オープンソース > | オープンソース > オープンソース考察 CMS編

オープンソース考察 CMS編

どうも、お疲れ様です。


このブログに、 google analitycs を入れてアクセス度合いを見てるのですが、アクセス数がなかなか上がりません。笑
いやはや、さすがに外部リンクがないと寂しいです。
しかし、ちょっとやそっとのことではめげないので、検索キーワードが増えるまで頑張ってみます。
ってゆうか、「SEO対策」は永遠のテーマみたいなものなので、結果を出し続けることができるまで頑張ります。笑


さて、今回はオープンソースの CMS について SEO 対策との関連性について書いてみようと思います。
オープンソースの CMS で有名なところは、このブログでも使っている Movable type や Wordpress です。
他にも海外製品でたくさんあったりします。

人気オープンソースCMSの公式サイト一覧

人気オープンソースCMS徹底比較より抜粋

CMS というキーワードで言うと、広義での解釈をするため、ほとんどのオープンソースが引っかかるかと思います。
ただ、その広義で捉える CMS の機能こそが、コンテンツをつくりだすことが出来る武器になるので、オープンソース = CMS という捉え方も強ち間違ってはいないような気もします。

話を戻しまして。。

CMS というような機能性がないと、ftp やメモパッドなどの触り方を知らない方(特に企業サイトやブログを触られる方)はサイトを運営して更新することが出来ないです。
ということは、 CMS 機能がついているということは何らかの評価ポイントにつながっているはずなんですよね。

では、その評価ポイントを見るためポイントは何だろうか、、、というところです。
オープンソースを識別できなければポイントのつけようがありません。
そのオープンソースの識別には、何らかの法則があるはずです。

私が考えるに、最大のポイントになっているのが、ディレクトリとページ位置です。
これは、オープンソースをそのまま使っている限り、必ず同じ並びになっています。
テンプレートやプラグインを利用したとしても、機能カスタマイズを極限まで行わない限りは、ディレクトリやページ位置に異変が起きることはまずあり得ないです。
これによって極端な評価ポイントに繋がるわけではありませんが、少なくとも、マイナスになることはありません。

そのいい例が openpne を利用した SNS サイトの検索結果です。
本来、サイト内のページをクロールをした結果として、優良なサイトと認められる要素があった場合に検索結果上位表示が可能となります。
被リンクの関係性も外せないところですが、今はそのお話は考えないものとして記載します。
openpne で SNS を構築すると、トップページとその他 3 ページ程以外は認識されないはずなのに、検索結果に表示されます。
ページ数が多く、コンテンツが豊富でないといけないはずなのに、、、と矛盾が生じてしまいます。
この時、何がポイントになっているかというと、、、

○トップページに id / pass の入力があって、その奥に進むことが出来ない。
○フッターに数ページのリンクがあって、そのページには特定の引数がついている。

というような、 openpne を利用したどのサイトにもある共通点が見られます。
この共通点が独自で構築したサイトに当てはまるかどうかを考えると、ほぼ皆無に等しいと思われます。
となると、この共通点をまとめて識別することで、たかが数ページしかクロールされなくても、「とりあえずは SNS としてのコンテンツがあってユーザーがいるんだろう」という評価をすることが出来ます。
この評価にポイントをどのようにつけるかは知りませんが。

その他の CMS 機能をもったオープンソースを解析してみると、面白いくらい色々な共通点が出てきます。
そのコンテンツに合わせた特性を活かしたサイトをつくると、 SEO 対策として非常に面白い対策が出来るのでは、、、と思っています。


SEO 対策とは特定のポイントを見つけ、特定のポイントに対して点数をつけて、そのための施策をすることです。
人間のような気持ちや気分などの不特定な要素は一切ないため、必ず善し悪しが出ています。
その善し悪しを解析できるようになれば、必ず上位表示は可能なわけですので、私は独自でその善し悪しをこのブログに書いています。

とりあえず、オープンソースの CMS についてはこの辺にしておいて、次は(最近凄く気になる) IP アドレスの SEO 対策との関連性について書いてみようと思います。

Home > オープンソース > | オープンソース > オープンソース考察 CMS編

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top