Home > コンテンツ更新ブログ記事一覧

コンテンツ更新ブログ記事一覧

レンタルブログに対して持っている疑問

どうも、お疲れ様です。


今回書く記事について、あまり書かない方がいい気がしながらも、書いてみることにしました。

レンタルブログについてです。


一般的に、レンタルブログと独自ドメインブログの差はなく一長一短である、といういように言われているかと思うのですが、個人的にはあまりそうは思えなかったりします。

どちらかと言えば、、、というか、絶対的に独自ドメインを利用したブログの方がいい気がします。


基本的にブログのためのアクセスアップと言えば、記事更新と相互リンク探し(ブログパーツなどなど)、 ping などなど、するべきことは決まってて、そこについてはレンタルブログも独自ドメインブログも大差ありません。
ドメイン取得や配慮、ソースの修正や配慮などについては、独自ドメインブログの方がかなり自由ですが。

んで、レンタルブログがどれくらいあって、どれくらいのレンタルブログサービスを知ってて、比較をしているのか、ということを考えた時、いつも上位表示されるレンタルブログのドメインは割りと決まってる感じなのに、知らないレンタルブログサービスも結構あるんですよ、というところです。

独自ドメインブログを立てる時の相場として、 movable type や wordpress や blogn あたりがメジャーなところでしょうか。
これらのブログで上位表示されているブログは沢山見かけます。

んで、レンタルブログユーザーの方が多いにも関わらず、独自ドメインブログと同じ比率分で検索エンジンに表示されているような気がします。
というか、されていると思います。

マイナーなレンタルブログ(言い方が悪くてすみません。)なんかはほとんど引っ掛かりません。
mt や wp の利用ユーザー数とレンタルブログのユーザー数は、多分比較にならないくらいレンタルブログユーザーが多いと思われる状況を考えると、どう考えても独自ドメインブログの方が強い気がします。


単なる確率論でのお話をしているので、もっと厳密な数字が分からないとお話にならないかも知れないですが、的は外れていないような気がします。
レンタルブログを利用する人には seo 対策を目的にしていない人がいることについては、 seo 対策をする上で有利なのはどちらか、という根本にある問題に影響する要素ではないと思われるので、ここでは考慮してません。


そういった意識的な違いがあるなら、迷わず mt や wp を利用された方が、どんどんロングテールの法則という奴にのっかることが出来るように思えます。
レンタルブログでロングテールのような概念で枝のページが引っ掛かっているブログは、数あるブログの中でもごく少数のように見受けています。
どちらかというと、 mt や wp の方がめちゃくちゃ割合が多いと思っています。


技術的な話がつきまとったりしますが、それもレンタルブログと独自ドメインブログ、 seo 対策をする上でどちらが有利か、という根本の問題に影響しないと思われるので、ここでは考慮してません。


と、上記までは単なる利用ユーザー数などの数字の確率論だと思います。
以前に書いた記事についても触れ、締めようと思います。


以前にも記事に書いたと思うのですが、オープンソースの cms を利用したサイトは基本的に検索エンジンの評価が高いと見受けています。
ec-cube や movable type 、 wordpress にしてもですし、 openpne 、 xoops 、 geeklog などなど。
これは単なるソースや構成だけの問題ではないと思っています。

url の文字列や、メタに埋め込んでいる generator やクレジットや ping 更新、 rss や atom 、サイト内の文字の配置具合などなど、必ずここいらの情報を取得していると思われます。
そして、その一定の条件をクリアしている時、相応の評価を下していると思われます。

でないと、これまたどう考えても可笑しいと思える箇所が多々あったりします。
例えば、 openpne なんかは検索対象になるとは思えないところや、 wordpress がセカンドディレクトリに立てられてもガンガン引っ掛かったり、同じ php の拡張子でも、独自で立てられたシステムだとページランクがつきにくかったり、、、喰い違う部分というのがあるように思えます。


さて、これをどのように検証するかがまた面白いところなので、 seo 対策はやめられないです。笑


この記事を書き始めたときに飲み始めた、 900ml の黒霧島がそろそろ終盤に差し掛かってきてて、めちゃくちゃ善い気分です。笑
これで、最後までいくと間違いなく明日に影響してしまいます。汗
でも、これで明日も頑張れそうです!!

因みに約 2 時間程、放置してた感じです。笑


しかし、 seo 対策に従事されている方は、このことをどのように思われるのか、非常にご指摘を頂きたいと思っています。
毎日新しいことに気が付いたりするので、今考えていることの間違いをどこかで証明している可能性もあるわけです。
なので、ご経験からでも構いませんので、是非ともご指摘を頂きたいです。


ということで、今日はこの辺で。
ではでは。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

リリース情報配信とコミュニティサイトへの掲載について

おはようございます。


今回はseo対策をするに当たっての、「リリース情報配信効果」と「コミュニティサイトへの掲載効果」について考えていることを記載したいと思います。

因みにですが、毎度のことながら私の運用経験上のお話ですので、悪しからずご了承下さい。


まず、「リリース情報配信効果」について。

企業が新しいサービスをリリースした時、プロモーションを行います。
これは営業マンの営業にも影響を与えたりするほど、重要な役割を持っていると思っています。
そのプロモーションの一環として、プレスリリースの配信をすることがあると思います。

私は、個人的にこのプレスリリースの果たす役割が非常に大きいものだと考えています。

最近は、 web 上で無料プレスリリース配信が出来たりするようになって、プレスリリースが割と身近になってきたと思うのですが、見てると、利用企業の大半が IT 企業に限られてる感じがしています。
というのは、他の業種の企業の利用割合がかなり少ないということです。

んで、何度も配信している企業も見受けられるのですが、そういったプレスリリース配信をしている企業のサイトはまずページランクが高い目にあると見受けています。
それは被リンクの獲得、そこからのユーザー誘導、また、そのために検索エンジンからそのリリースサイトを探そうとする行為、それらが重なって相乗効果を生み出していると思われます。

実際、注目のキーワードに表示されるキーワードは「テレビで放送された」や「IT media のようなサイトで情報配信された」や「経済新聞に取り上げられた」などのきっかけがあります。

また、有料でのプレスリリース配信の場合、メールでの配信やある程度の pv 数の保証された空間への配信となるため、 ctr の換算から考えても、スポット( 1 週間 ~ 2 週間)で数千(前半)ほどのクリックを集めることが出来ると思われます。
また、それ以外に IT 関係ニュースサイトに掲載されることも考えると、その月のアクセスや誘導口というのは、かなり大きなものになります。

また、ニュースサイトに掲載されるなどになると、それが検索エンジンに引っ掛かって、そこから誘導して、、、相乗効果としてはかなり大きな効果が期待できると思います。
サイトの形態にもよるのですが、リリース後、営業マンがお客様に提案をするような営業活動であったり、ユーザー登録型のコミュニティサイトでのプレスリリース配信だった場合はユーザーに登録をして頂けるような手配をすることで、リリース直後でもある程度の順位に表示されていると思われます。
これは設定キーワードにもよるのですが、超ビッグキーワードを狙わない限りは恐らく表示が可能と思われます。

なので、 seo 対策をするに当たってのプレスリリース配信効果は高いモノと考えています。

ただ、リリース後でも、運用努力や販促努力を怠ると、物凄く一時的なことで終わってしまう可能性が高いことや、小規模で動かれている企業の場合、予算が出ないことや、個人事業でやっていたりすると配信出来ない(し難い)ことなど、敷居があったりするかも知れません。


次いでコミュニティサイトへの掲載による効果について。

ここで言うコミュニティサイトについてですが、そのサイトが生きているサイトという条件をつけたいと思います。
「生きているサイト」というのは、多少過疎が目立つサイトでも情報を書き込んだりやり取りが成立して、スパム投稿などの手入れがされているサイトを言います。

コミュニティサイトの場合、無限大にページが増える特徴があります。
無限大にページが増えることイコール、検索エンジンの評価が高いと思っています。
以前にも書いたのですが、「更新頻度と更新内容」のことと直結します。

内的要因についての続き参照

コミュニケーションのあるサイトには自ずと人が集まってきます。
ページランクが多少低くても、検索エンジンの上位に表示されることがよくあります。
そこに貼り付けておくことで、無限大に増えるページへ掲載することになるので、クローラーのクロール頻度やユーザーの流動が多くなることは間違いないと考えています。

最近は、どのリンクがクリックされたか、ということも分かりますし。
ここで媒体サイトと掲載サイトのカテゴライズというところが問題になると思うのですが、そのコミュニティサイトが生きている限り、カテゴライズ不一致はあまり関係ないような気がしています。

なので、例えばアダルト関係のコミュニティサイトにseo関係のブログを張り出しても、カテゴライズの不一致によるペナルティの発動は有り得ないと思っています。
ただ、媒体サイトのリンク売買が目に見えてたりすると、媒体サイトはまずいかも知れません。
中堅ニュースサイト(媒体サイト)さんや大手cgi配布サイトさんは、いつかこれでペナルティをもらってたかと思います。
ページランクもだいぶ落ちたようでして。。
料金表こそ掲載されていないにしても、リンク売買が目に見えると、媒体サイトにおいては評価が下がる可能性がある、というところだと思います。
ただ、掲載サイトに関しては、そこまでのペナルティ発動には繋がらないと思います。

媒体サイトの評価が仮に下がったとしても、ユーザーの流動や被リンクページ数は必ず残るため、媒体サイトの評価が高ければ高い分、効果を得ることが出来るものと考えています。
ビッグキーワードで上位表示される媒体サイトへ掲載することで、中堅複合ワードでの上位表示は割と簡単に実現すると見込んでいます。
ビッグキーワードで上位表示をさせる場合は、ビッグキーワードで上位表示されている媒体サイトへの掲載を積み重ねないといけないと思います。
その辺りになると、かなりの体力が必要のようにも思えますが。。汗


という感じに考えているので、上記の 2 点においてはseo対策をする上で、重要な要素になると思うのです。
ただ、どちらもそれなりに難しいことのような気もするので、すぐに出来ないことかも知れません。

これらはモバイルにも繋がることと思っているのですが、それはまた次回の記事で書きたいと思います。
ではでは。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

EC サイトにおける SEO 対策

おはようございます。


今回は私が考える EC サイトにおける SEO 対策について考察してみようと思います。


EC サイトで物を売るために重要なことを考えてみました。

まず必要なのが、商品の詳細説明と思います。
サイトのデザインが意図するデザインでなくても、商品の説明がしっかりしていれば、ある程度のお申し込みに繋がり思います。
情報がコンパクトにまとまっていれば派手さなどは必要ありません。

次に運営自社の案内ページを少し多めに作る必要があると思います。
これは、無くても販売出来ているサイトはたくさんありますが、地方の企業が小規模なサイトから始める際には、必ず必要になるでしょう。
スタッフ紹介や店長さんのブログ、その他スタッフさんの運営に関するインタビューなどなど。。
兎に角、ユーザーさんに安心を与えるために必要です。

これだけでまずは十分なところだと思います。
ただ、これはある程度のコンテンツ量が必要になり、販売することを最優先に考えたときの対策です。
では、販売を優先的に考えていないと思われる対策を書いてみたいと思います。

まず、サイトの html ソースです。
これはユーザビリティに影響する可能性が高いところですが、どちらかというと、検索エンジンのクロールへの影響が大きいと考えます。

次いで、xml ファイルや rss の自動配信です。
これは、商品を登録したとき、またカテゴリーを追加した時など、自動で配信する必要があります。
これも検索エンジンのクロールへの影響を考えた対策です。
これがあるだけで、スタッフ紹介などのコンテンツページを更新することにもっと大きな意味を持たせることになります。

そのあとくらいに、引数のある URL を *.html に変換、、、と思っていたりします。
んで、その同じくらいに url のエンコード・デコードかなぁ・・・。

んー・・・この辺りに優先順位はなくて、出来れば、検索エンジンに対する配慮はまとめて対応すべきことだと思います。
ただ、全部対応するとなると、そのオプション予算を考慮する必要がありますね。
難しいです。


先述した内容をしっかり守るだけで検索エンジンには間違いなく引っかかり、上位表示が可能となります。
ってゆうか、それだけの配慮を守り続けて運用するとなると、それなりに手間がかかるので、他の時間がなくなるのではないでしょうか。

それ以外に出来そうなことを並べてみようと思います。

○サイトのデザイン変更リニューアル
○コンテンツ位置の見直し
○機能のバージョンアップ

検索エンジン対策に関する部分で言うと、上記くらいでしょうか。
SEO 対策の要素の中に、ユーザに対する配慮という要素が多分にあるので、アクセスを上げることが出来る配慮で SEO 対策として成り立つと考えます。

外部リンクの話は一切出していませんが、 EC サービスをきっちりと行うことで外部で宣伝してもらったり、リンクを張って頂くことが出来ますので、ここでは割愛しています。
ってゆうか、他力本願になる前に、サービスを見直すことの方が優先順位は高いということを考えています。
ご指摘の程、宜しくお願いします。笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

更新頻度とSEO対策の関係について

おはようございます。


今日は更新頻度とSEO対策の関係について書いてみます。


毎日更新する方がいいのか、 2 日、 3 日に一度更新した方がいいのか、という議論はよく出ていることだと思われます。
でも、「どちらがいいのか分かりません」という結末に終わる議論が多いようにも見受けています。

まぁ、分からないのは当然のことですよね。
google さんや yahoo さんはそのことに触れた名言をしてないので分かるはずがありません。
ただ、明確な指標をもって考えると割と答えが出るような気がします。

まず前提条件を決めてみようと思います。

○ google さんや yahoo さんのウェブマスターツールなどにサイトマップ(最新状態、自動更新)は登録している。
○ rss や atom の配信をしている。
○ ping を飛ばしている
○運営サイトはブログ、若しくは独自コンテンツ

このように前提をしてみると、毎日更新した方がいいと思われます。
google さんや yahoo さんへの情報伝達速度は比較的早いはずなので、更新履歴の量が変わり、自ずとアクセス数が変化すると思われるので確実な効果が出てきます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > コンテンツ更新ブログ記事一覧

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top