Home > オープンソースブログ記事一覧

オープンソースブログ記事一覧

レンタルブログに対して持っている疑問

どうも、お疲れ様です。


今回書く記事について、あまり書かない方がいい気がしながらも、書いてみることにしました。

レンタルブログについてです。


一般的に、レンタルブログと独自ドメインブログの差はなく一長一短である、といういように言われているかと思うのですが、個人的にはあまりそうは思えなかったりします。

どちらかと言えば、、、というか、絶対的に独自ドメインを利用したブログの方がいい気がします。


基本的にブログのためのアクセスアップと言えば、記事更新と相互リンク探し(ブログパーツなどなど)、 ping などなど、するべきことは決まってて、そこについてはレンタルブログも独自ドメインブログも大差ありません。
ドメイン取得や配慮、ソースの修正や配慮などについては、独自ドメインブログの方がかなり自由ですが。

んで、レンタルブログがどれくらいあって、どれくらいのレンタルブログサービスを知ってて、比較をしているのか、ということを考えた時、いつも上位表示されるレンタルブログのドメインは割りと決まってる感じなのに、知らないレンタルブログサービスも結構あるんですよ、というところです。

独自ドメインブログを立てる時の相場として、 movable type や wordpress や blogn あたりがメジャーなところでしょうか。
これらのブログで上位表示されているブログは沢山見かけます。

んで、レンタルブログユーザーの方が多いにも関わらず、独自ドメインブログと同じ比率分で検索エンジンに表示されているような気がします。
というか、されていると思います。

マイナーなレンタルブログ(言い方が悪くてすみません。)なんかはほとんど引っ掛かりません。
mt や wp の利用ユーザー数とレンタルブログのユーザー数は、多分比較にならないくらいレンタルブログユーザーが多いと思われる状況を考えると、どう考えても独自ドメインブログの方が強い気がします。


単なる確率論でのお話をしているので、もっと厳密な数字が分からないとお話にならないかも知れないですが、的は外れていないような気がします。
レンタルブログを利用する人には seo 対策を目的にしていない人がいることについては、 seo 対策をする上で有利なのはどちらか、という根本にある問題に影響する要素ではないと思われるので、ここでは考慮してません。


そういった意識的な違いがあるなら、迷わず mt や wp を利用された方が、どんどんロングテールの法則という奴にのっかることが出来るように思えます。
レンタルブログでロングテールのような概念で枝のページが引っ掛かっているブログは、数あるブログの中でもごく少数のように見受けています。
どちらかというと、 mt や wp の方がめちゃくちゃ割合が多いと思っています。


技術的な話がつきまとったりしますが、それもレンタルブログと独自ドメインブログ、 seo 対策をする上でどちらが有利か、という根本の問題に影響しないと思われるので、ここでは考慮してません。


と、上記までは単なる利用ユーザー数などの数字の確率論だと思います。
以前に書いた記事についても触れ、締めようと思います。


以前にも記事に書いたと思うのですが、オープンソースの cms を利用したサイトは基本的に検索エンジンの評価が高いと見受けています。
ec-cube や movable type 、 wordpress にしてもですし、 openpne 、 xoops 、 geeklog などなど。
これは単なるソースや構成だけの問題ではないと思っています。

url の文字列や、メタに埋め込んでいる generator やクレジットや ping 更新、 rss や atom 、サイト内の文字の配置具合などなど、必ずここいらの情報を取得していると思われます。
そして、その一定の条件をクリアしている時、相応の評価を下していると思われます。

でないと、これまたどう考えても可笑しいと思える箇所が多々あったりします。
例えば、 openpne なんかは検索対象になるとは思えないところや、 wordpress がセカンドディレクトリに立てられてもガンガン引っ掛かったり、同じ php の拡張子でも、独自で立てられたシステムだとページランクがつきにくかったり、、、喰い違う部分というのがあるように思えます。


さて、これをどのように検証するかがまた面白いところなので、 seo 対策はやめられないです。笑


この記事を書き始めたときに飲み始めた、 900ml の黒霧島がそろそろ終盤に差し掛かってきてて、めちゃくちゃ善い気分です。笑
これで、最後までいくと間違いなく明日に影響してしまいます。汗
でも、これで明日も頑張れそうです!!

因みに約 2 時間程、放置してた感じです。笑


しかし、 seo 対策に従事されている方は、このことをどのように思われるのか、非常にご指摘を頂きたいと思っています。
毎日新しいことに気が付いたりするので、今考えていることの間違いをどこかで証明している可能性もあるわけです。
なので、ご経験からでも構いませんので、是非ともご指摘を頂きたいです。


ということで、今日はこの辺で。
ではでは。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

オープンソース考察 CMS編

どうも、お疲れ様です。


このブログに、 google analitycs を入れてアクセス度合いを見てるのですが、アクセス数がなかなか上がりません。笑
いやはや、さすがに外部リンクがないと寂しいです。
しかし、ちょっとやそっとのことではめげないので、検索キーワードが増えるまで頑張ってみます。
ってゆうか、「SEO対策」は永遠のテーマみたいなものなので、結果を出し続けることができるまで頑張ります。笑


さて、今回はオープンソースの CMS について SEO 対策との関連性について書いてみようと思います。
オープンソースの CMS で有名なところは、このブログでも使っている Movable type や Wordpress です。
他にも海外製品でたくさんあったりします。

人気オープンソースCMSの公式サイト一覧

人気オープンソースCMS徹底比較より抜粋

CMS というキーワードで言うと、広義での解釈をするため、ほとんどのオープンソースが引っかかるかと思います。
ただ、その広義で捉える CMS の機能こそが、コンテンツをつくりだすことが出来る武器になるので、オープンソース = CMS という捉え方も強ち間違ってはいないような気もします。

話を戻しまして。。

CMS というような機能性がないと、ftp やメモパッドなどの触り方を知らない方(特に企業サイトやブログを触られる方)はサイトを運営して更新することが出来ないです。
ということは、 CMS 機能がついているということは何らかの評価ポイントにつながっているはずなんですよね。

では、その評価ポイントを見るためポイントは何だろうか、、、というところです。
オープンソースを識別できなければポイントのつけようがありません。
そのオープンソースの識別には、何らかの法則があるはずです。

私が考えるに、最大のポイントになっているのが、ディレクトリとページ位置です。
これは、オープンソースをそのまま使っている限り、必ず同じ並びになっています。
テンプレートやプラグインを利用したとしても、機能カスタマイズを極限まで行わない限りは、ディレクトリやページ位置に異変が起きることはまずあり得ないです。
これによって極端な評価ポイントに繋がるわけではありませんが、少なくとも、マイナスになることはありません。

そのいい例が openpne を利用した SNS サイトの検索結果です。
本来、サイト内のページをクロールをした結果として、優良なサイトと認められる要素があった場合に検索結果上位表示が可能となります。
被リンクの関係性も外せないところですが、今はそのお話は考えないものとして記載します。
openpne で SNS を構築すると、トップページとその他 3 ページ程以外は認識されないはずなのに、検索結果に表示されます。
ページ数が多く、コンテンツが豊富でないといけないはずなのに、、、と矛盾が生じてしまいます。
この時、何がポイントになっているかというと、、、

○トップページに id / pass の入力があって、その奥に進むことが出来ない。
○フッターに数ページのリンクがあって、そのページには特定の引数がついている。

というような、 openpne を利用したどのサイトにもある共通点が見られます。
この共通点が独自で構築したサイトに当てはまるかどうかを考えると、ほぼ皆無に等しいと思われます。
となると、この共通点をまとめて識別することで、たかが数ページしかクロールされなくても、「とりあえずは SNS としてのコンテンツがあってユーザーがいるんだろう」という評価をすることが出来ます。
この評価にポイントをどのようにつけるかは知りませんが。

その他の CMS 機能をもったオープンソースを解析してみると、面白いくらい色々な共通点が出てきます。
そのコンテンツに合わせた特性を活かしたサイトをつくると、 SEO 対策として非常に面白い対策が出来るのでは、、、と思っています。


SEO 対策とは特定のポイントを見つけ、特定のポイントに対して点数をつけて、そのための施策をすることです。
人間のような気持ちや気分などの不特定な要素は一切ないため、必ず善し悪しが出ています。
その善し悪しを解析できるようになれば、必ず上位表示は可能なわけですので、私は独自でその善し悪しをこのブログに書いています。

とりあえず、オープンソースの CMS についてはこの辺にしておいて、次は(最近凄く気になる) IP アドレスの SEO 対策との関連性について書いてみようと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

オープンソース考察

おはようございます。


今回はオープンソースについてを書こうと思います。

オープンソースでも検索エンジンの評価のいいソースとあまり良くないソースに分かれたりします。
また、単なる cgi に分類するか、オープンソースに分類するか、微妙なプログラムもあったりします。

ぼくが見受けるに、テンプレートの数が少ないオープンソース( cgi スクリプト)は検索エンジンの評価があまりよくなく、テンプレートの数がある程度多いオープンソース( cgi スクリプト)は検索エンジンからの評価がいいように見受けています。

では、多い少ない、というのは、どういう意味なのかを考察してみます。
テンプレートファイル数が多いと、テンプレートファイルが各ページ毎に用意されており、 css ファイルもそれぞれ用意されています。
ところが、テンプレートファイル数が少ないと、一つのテンプレートの中に、複数の動作要素を含んだ if 文などが書かれていたりします。
どのテンプレートでもあると言えばあるのですが、その数が多いと、テンプレートファイル数は自ずと少なくなります。
1 つのテンプレートファイルで、 5 ページ分の処理をしていたり、、などです。
この例を顕著に見るのが、 blogn と思っています。
blogn は、ブログのオープンソース(?)としては、とても使いやすく、個人的には大好きです。
今も、別のブログで使ってたりします。
しかし、テンプレートファイルが一つしかなく、検索エンジンからの評価があまり好ましいもののようには見受けておりません。汗
検索結果ページもトップページも同じテンプレートファイル内に記述されています。

また、設置が非常に簡単な日記 cgi (ブログ風 cgi )についても同じです。
設置は非常に簡単で、日記を書くことだけに特化したスクリプトはあまり検索エンジンからの評価がいいものというようには見受けていません。
同じ時期に別ドメイン同士で設置してテストすれば一目瞭然です。

どうして、このような差が出るかは、割と明確だと思ってるのですが、ぼくでは、これを数値化して表現できないので、難しいのですが、それは以下のように考えています。

○ rss や xml などのフィード配信
○ html での書き出しや url のエンコーディング
○ ping 通知
○コンテンツのボリューム(ページ数の違い)
○コーディングの内容

が挙げられるかと思います。
これは使ってみるとお分かり頂けると思いますが、オープンソースはソースが割ときれいです。(そうでもないこともありますが。。汗)
cgi スクリプトなんかは、あまりきれいなソースでは書かれていないことが多いように見受けます。(失礼にあたることは承知しているのですが、客観的なご指摘ということで、ご容赦を頂けたらと思います。)
そこいらの差も大きいんだと思います。


 ・
 ・
 ・

まずはこんなところで切り上げておきたいと思います。
続きは別の時に書くように致します。


では☆

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

オープンソースと独自開発の違いについて

どうも、お疲れ様です。


サイトを運営し、 SEO 対策をする上で常々思わされていることがあったりします。
それは、オープンソースを積極的に利用してしまおうとすることについてです。

個人的にはあまりオープンソースには頼りたくありません。
理由は、使わない機能が多いため、操作がわずらわしいからです。笑

しかし、オープンソースを利用することは悪いことではなく、寧ろ、WEB業界では推奨されやすいことだと思います。
このブログも Movable type というオープンソースを使ってまして、他にも Word press も使ってます。
open pne での構築を何度もやりましたし、 pukiwiki も、 xoops も、 ec-cube も zencart にも関わってきたのですが、どれをとっても独自で開発したサイトより、スタートダッシュが違うように見受けています。
SEO 対策は長期的な取組み(ロングテール)といいますので、スタートダッシュが早くても途中でやめちゃ意味がないのですが、少なくとも、ドメインを活かしておくことで、そのスタートダッシュはかなり有利に働きます。

現在、 SEO 対策に特に優れているオープンソースは Movable type と Word press と ec-cube です。
この 3 点で構築したサイトはすぐに検索エンジンに引っかかっているように見受けます。

しかし、独自開発で制作したサイトは、なかなか上位に表示されません。
ドメインを少々長生きさせていただけでは難しい場合もあります。
ですが、独自開発をしたサイトの組み方が悪いというわけではありません。

クレジットやディレクトリやページソースなどの読み込みが影響しているように思われます。
ディレクトリやページの位置関係など、並びが画一的になっているため、その並びを読み、優先的に表示することがされているように思えます。
オープンソースを使ったサイトで詐欺紛いのサイトを運営していることは、ほぼ見かけることがないため、検索エンジンの中でも優先的な扱いをしていると思ったりしています。
ただ、その中でもキーワードのカテゴライズなどなど、細かいルールはあるにせよ、オープンソースについては、こういった部分において点数が高いと思われます。

では、フリーの cgi スクリプトや php スクリプトは?

となるのですが、それはまた今度、ということでお願いします。笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > オープンソースブログ記事一覧

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top