Home > 雑感 > google サーチウィキと知名度的要因、

google サーチウィキと知名度的要因、

  • Posted by: hayax
  • 2009年5月 8日 02:05
  • 雑感

どうもお疲れ様です。


先だって、 google さんがサーチウィキをリリースされました。
これは、非常に大きなことだと見受けています。

単に悪用することが出来る・出来ない云々のことではなくて、です。


本日付で公開される sphinn 記事に「知名度的要因」のことを書いています。


なんと言いますか、この google のサーチウィキはまさに、「知名度的要因」の知名度を指し計ろうとする動きに見えてきたりしています。
今までは、機械的に取得して計測していたデータを、多少なり、人の意思を汲み取ってそれを反映させるようにしている、ということです。

sphinn にはこのことは書いていなくて、今回書いた記事は少し前までの話、、、要はもう過去形みたいな話になってしまった感が拭えないまま書きました。汗
どことなく、まとまりがないような感じがしています。汗汗(←いつものこと、と言うのは無しでお願いします。orz
すみません。

ただ、こういう流れの早いところがこの事業の面白いところです。w


冗談はさておき。


サーチウィキが影響してかどうかは分からないのですが、 google でペナルティを受けてたサイトが復活しました。
それも、 3 サイトもです。驚
これって、偶然ですかね?

text-indent: *** px; のような小技程度でペナルティにしていたけど、肝心のサイトの善し悪しを判断するのはユーザーだよな、という考えの表れのような気がします。
今後は、その程度ではペナルティにはならないのかも知れないですね。(←だからと言って、好き勝手にやっていいわけではなくて、今までどおりチェックはされていると思います。

また、今回、そのペナルティが外れたのは、(全てではないかも知れませんが、)人手で確認をとった後に、復活させているような気がしてならないです。
今回、ペナルティを受けていたサイト、というのは、ぼくが運営しているわけではないのですが、いずれも普通のサイト様です。
詐欺系のサイトをそのまま放置、ということはないと思うので、そのように思っているのですがどうなのでしょうか。

しかし、ペナルティの解除を最優先に考えて色々と動いてただけに、今回の動きは少々キツイです。。。
が、ペナルティ解除のための動きはするべきだと思うので、それも継続させながら、別の動きも視野にいれたいと思います。


もっと前の話になるのですが、 yahoo さんがインターフェイスを変更しました。
1 ページでの表示件数が多くなり、検索結果のリンクをクリックすると別ウィンドウでページが開くようになっています。

そのため、今までのクリック率云々、という話はもう過去形の話になっているような気がします。

「 1 ページ内に表示してお幾らです!」みたいな話も通用しなくなってきてます。笑
なにせ、 40 位までが 1 ページ目に表示されるため、 1 ページ目を狙う、ということは、恐らく、少し頑張っただけで表示することが可能なレベルになりました。w

これらは、つまらない営業文句が通用しなくなることを見越してのことでしょうか?w


直近で起きた変動というのは、割と凄いことだと思ってて、個人的には物凄く好感を持ってたりします。
目指す方向性が変わるとかそういうことではないので、やるべきことについてはあまり変わらないのですが、話の内容であったり、新たな発想が求められる気がします。


いや、ぶっちゃけそれほどでもないよ、と思われた方もいるかと思いますが、個人的な雑感、ということで宜しくお願いします。


では。

Home > 雑感 > google サーチウィキと知名度的要因、

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top