Home > Yahoo google > サブドメインについて

サブドメインについて

どうも、お疲れ様です。


先日、 sphinn japan さんに登録してみました。
今までは、あまり外部ツール系に対しては積極的ではなかったのですが、これからは積極的に登録をしてみようと思っています。
んで、出来るだけクリックして頂けるような有益な情報を記述できるように頑張りたいと思います。苦笑


さて、今回はサブドメインについて書いてみたいと思います。


サブドメインサイトは判定が低いのか、そうでもないのか、という議論について、個人的にはサイトの内容によって高い判定もあれば低い判定もある、と考えています。
判定が低い時というのは、メインドメインで立てたサイトとサブドメインで立てたサイトのサイトコンテンツが一致した時のような感じです。


まず、メインドメインとサブドメインのコンテンツの一致をどう判定するのか、というところについてですが、それはサイト内で利用されているキーワードの集計でコンテンツのマッチングをしているような気がします。

フリー配布のスクリプトなど特定の url に関しても、マッチングの対象になっているように思えます。
ソースも似通っていると思いますし、そういった部分において判定をしていると考えています。
ただ、メインドメインとサブドメンに其々別コンテンツを立てている場合は、キッチリと判定されるものと考えています。
でないと、レンタルツールで立っているサブドメイン利用のブログなど、ひかっかるわけがなくなってきます。


ここでですが、 google と yahoo では、判定の仕方、、、というか、コンテンツ判別の仕方が異なるように思えます。
ずっと気にかかってて、どのような差があるのかを考えてるのですが、今のところ、恐らく、 yahoo は固有名詞として判定するキーワードの数を重要視しているように思えます。
固有名詞がない、若しくは少ないコンテンツについてはコンテンツ内容の判定が弱い、、、要は特定のキーワードで上位表示されないように見えるのです。

そのため、 yahoo ではテーマが絞られないオープンソースを利用したブログは非常に上がりにくい気がします。
それとか、商品登録がされていなかったりする、動きのない ec サイトなどなど。

yahoo にはブログ検索がありますが、オープンソースを利用したブログに関しては、通常検索で引っ掛かっています。
テーマを絞らないというのは、単なる日記に該当するようなブログのことです。
seo対策や社会問題など特定のキーワードに絞って、コンテンツがそれで形成される場合、割と引っ掛かり易いのはそのためのような気がしています。

google の場合は、全体のキーワードやタグの装飾にかかっていて、サイト内全体の文章の整え方がキレイになればなるほど、コンテンツのマッチングが正確になり、内容次第で高い判定をされたり、そうでもなかったりしているように思います。


yahoo は、動的な要素を持ったサイトで、ページ数が多く(自然増殖)、ドメイン年齢が 3 年以上くらいあれば、ビッグキーワードで表示されているような気がします。
動かしているサイトがそうなっているからなのですが、そのサイトの共通点というのが、固有名詞の数(というか、重複数など)です。

動的なページで自然増殖しているページの主要部分には、必ず、そのサイトの固有名詞的なキーワードが並んでいます。
ヘッダーとフッターだけを取ってみてもそうなのですが、全ページに共通しているとすると、必ず全コンテンツの割合の中に幾つかの固有名詞が見つかります。
そういったサイトにおいての判定が優位に出来ているように思えます。

google の場合は外部リンクやアンカーテキストなどなど、諸々を厳しく見ている感が漂うので、そちらに注力しているように思えます。
yahoo さんも全体を見ると、外部リンクの数やインデックスの数などもあるので、一概には言い切れませんが、少なくとも yahoo さんは外部リンク云々よりはこちらに注力しているように思えます。


検索エンジン業界最大手 2 社さんのコンテンツの判定はそのようになっていると思うのですが、ここで、メインドメインとサブドメインのコンテンツ判定の違いに戻ってみようと思います。

Movable type で立てたブログで、テーマが其々で絞られているサイトだった場合、これは恐らく両検索エンジンに高い判定をされ易いと思います。

検索エンジンスクリプトで立てられたサテライトサイトを考えてみると、どちらについても、判定は低いと思われます。
何故なら、検索エンジンスクリプトを利用したサイトだと、固有名詞ばかりになりキーワードの組み立てが見られないサイトになるからです。
それは google にしても判定レベルは低いと思いますし、 yahoo にしても判定レベルは低いような気がします。
昔からある検索エンジンスクリプトを利用したサイトには、たくさんの文章が入ってたり、色々なページがあると思います。
そういったサイトについては、一定の評価判定が出ているように見受けています。

テーマを絞った掲示板サイトの場合、これは投稿量にもよるところですが、 google には割と引っ掛かり易いと思っています。
ただ、 yahoo さんでは厳しいように見受けています。

テーマを絞らない掲示板サイトの場合、雑談系のチャットや掲示板のみが立っている場合、両検索エンジンでもなかなか引っ掛からないように見受けています。
ただ、定期的な更新があるような掲示板の場合は別です。
定期更新がある場合は google に引っ掛かり易いと思えます。。

コミュニティサイトの場合、スパムが放置されていることが判定できると、恐らく引っ掛かりにくくなると思います。
例えば、半角英数字の量がやたらと多いサイトはそれなりに判定が可能です。


これらの違いは、関連検索キーワードで表示されているキーワードにも特徴が見られるような気がしています。

yahoo の関連検索キーワードには固有名詞が割りと多いように見受けています。
google に関しても、固有名詞はあるのですが、どちらかというと、キーワードとして区切っているだけの単語が多いように思えます。

この辺りについて「気のせいだろ?」なんてことがありましたら、ご指摘下さい。
ぼくも沢山のキーワードで試したわけではなく、自分に関係のあるキーワードで調べただけですので、十数個レベルでしか見てませんので、悪しからず。。汗


ここで、上記に上げたことを正確に認識させるためには、やはりソースの配慮が必要だと思えてきます。
キーワード近接率云々というのは、恐らく、判定方法から見るに、 google だけのような気がします。
yahoo に関しては、そこまで重要視しているようには思えないです。
というか、 yahoo はそんなこと公言してませんでしたっけ。。?


さてさて、そろそろ長くなりすぎて自分で何が言いたいのかがボケてきたような気がするので、一旦、ここで切り上げたいと思います。
ではでは。

関連エントリー

Comments:2

リアルSEO 2009年2月16日 14:52

頑張ってください。
期待してます!!

hayax Author Profile Page 2009年2月16日 16:10

>> リアルSEO 様

コメント有難うございます。
ご期待に沿うことが出来るよう、頑張ります。^^;
これからも宜しくお願い致します。

Home > Yahoo google > サブドメインについて

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top