Home > Yahoo google > | Yahoo google > yahoo と google での検索されるワードの違いについて

yahoo と google での検索されるワードの違いについて

おはようございます。


yahoo と google で検索されるキーワードの違いについて書いてみます。

yahoo を利用するユーザーの特徴はネット初心者、 google を利用するユーザー層はネット中級から上級者というような言い回しはどこででもされているかと思います。
また、どこぞの調査では、 yahoo からの検索よりも google からの検索誘導されたユーザーの方が ec サイトでの平均購入単価が高い、という結果も出ているようです。

何となく分かる気がします。
とゆうことで、どうしてそのような差が出るかということを考えてみます。

まず、第一に異なるのが、検索されるキーワードの分類が全く異なるように見受けています。
yahoo の場合は初心者が見るせいか単純に単一ワードからの検索誘導数と複合キーワードでの検索誘導数では、単一ワードでの検索誘導数が多いと思います。
逆に google の場合は、複合キーワードからの誘導数が多いと思われます。
これは、あくまで推測なのですが、そのように見受けています。

その根拠に触れてみます。

  1. 「関連検索」に出てくるキーワードの数が yahoo より google の方が多いため
  2. yahoo は、サイト内でのキーワード出現率が多いワードに見出しタグや強調タグを利用している場合に、そのワードでの引っかかり率が非常に高い
  3. 平均購入単価の高いとされているユーザー層が、単一ワードだけで検索をやめるはずがない

の 3 つがぼくの想定の根拠です。

まず一つ目の「関連検索」の数についてですね。
これは、以前にも書きましたが、「関連検索」とは異なるホストや ip からのクエリー送信の数を整理して人気度をつけるなどをして表示していると想定しています。
となると、 google の方が複合キーワードのクエリー送信回数が多いということを意味していることに等しくなると考えます。
そのため、想定だけで組み立てている部分はありますが、根拠として成り立ちます。

次に、 yahoo で検索結果の上位表示をする場合は、サイトのメインテーマとなるワードやサブワードに見出しタグや強調タグを使うことで非常に上位表示がされやすいです。
例えば、「掲示板」というワードがメインで「総合掲示板」や「総合掲示板群」などがサブワードです。
「化粧品」関連で言うと、「化粧品」というワードがメインで「コスメ化粧品」や「美容化粧品」がサブワードです。
そのため、サイト内の文言の収集について、複合的な要素でのワード分類はあまり整理されていないような気がします。(←少しニュアンスが異なる気もしますが、そのような感じです。

google の場合は、単一要素よりも複合要素の方が強いです。
というのも、 google の捉え方は、「掲示板」は複合的な要素に位置づけされやすく(サイト内のワード出現率にもよりますが)、「総合掲示板」をメインワードとしたとき、「アダルト」や「萌え」、「ワンピース(アニメのワンピースですw)」などなど、修飾的な感じのするワードがサブワードとして捉えられやすい気がします。
自分でのサイト運営経験で判別しました。
そのため、 google での検索に有利に働かせるためには、メインワードとサブワードを意味の異なるワードの組み合わせでキーワード出現率を操作すると上位表示がされやすく、 yahoo の場合はメインワードとサブワードの関係は、メインワードは異なるワードの組み合わせではなく、類似するワードを組み合わせることで、文字のマッチングでサイトの内容を判別しているかと思います。

最後に「平均購入単価の高いとされているユーザー層が、単一ワードだけで検索をやめるはずがない」というところですが、何か少々値の張る商品について情報を仕入れるとき、すぐに検索をやめないと思います。
なぜなら、そんな簡単に買い物は出来ないからです。
google のユーザー層はネット中級者から上級者の利用率が高いです。
そのため、ビジネスで利用する人が非常に多いように想定します。
中にはプログラマーやデザイナーも多いです。
初心者の調べ物とは少々異質な検索をすることが増えると思います。
何かの商品について調べたことを想定してみます。

「化粧品」というワードを調べるとき、ネット初心者が家で「化粧品」について調べるとき、「化粧品」の値段や品揃えは調べても、「化粧品」のうんちくまでは調べようとはしないと思います。
ところが、ビジネスユーザーの場合は「化粧品」関連の全てを調べる必要が出てきます。
そうなると、必然的にキーワードに差が出てきます。
これは、先述した内容と同じ意味合いとして捉えることが出来ますよね。


と、まぁこんな感じで考えています。
ただ、これらは全て私見なので、正しいかどうかは分かりません。
ですので、いつでもご指摘やご意見、ご質問はお受けするように致します。

全ての要因が一つに繋がって、検索結果上位表示の要素として成り立ちます。
何か一つだけ突出して長けてると都合のいい要素と言えば、アクセス数というところでしょうか。
これだけは、そのサイトの知名度や人気度を表す指標として明確な数値になるため、これだけは少々異なるように考えた方がいい気がします。
ただ、それ以外のことに関しては、自らの努力だけで伸びるところもあると思うので、今一度、上記を踏まえ、サイトの運営者様にご意見を頂きたいと思う今日この頃です。

Home > Yahoo google > | Yahoo google > yahoo と google での検索されるワードの違いについて

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top