Home > Yahoo google > | Yahoo google > yahoo と google の違い 編

yahoo と google の違い 編

お疲れ様です。


以前に yahoo と google の違いについて書いたのですが、 h タグの違いについては書いていなかったので、書いてみたいと思います。


まず、 yahoo と google では、 google の方が h タグについて、重要度が高いように見受けています。
yahoo はどのタグも相応に評価し、タグの並び順や周辺キーワード、サブキーワードなどを見ているように感じています。
google は h タグに書かれていることをメインコンテンツのキーワードとして見て、検索エンジンの検索結果へ反映させているように見受けています。

極端な書き方をすると、 h1 テスト /h1 とすると、 google では、「テスト」で上がってきやすくなり、yahoo では周辺ワードに関連を持たせると、上がってきやすくなる、というように考えています。
では、その関連ワードとは何か、というところですが、個人的な見解を出しまくってみます。

サイトを何かのキーワードでカテゴライズするとき、一つのキーワードでカテゴライズをせず、メインキーワードでカテゴライズし、その次にメインキーワードに紐付くサブキーワードのような階層を持たせ、キーワードとサイトを紐付けていると考えています。
そのため、サイトの情報を一つの箱に入れるだけでなく、一つの箱には仕切りを入れ、複数の箱でサイトデータを格納している。
検索をするときは、一部の情報を優先的に扱いながら、すべての箱を調べる、というような動作がされていることを考えています。

yahoo は、一度サイトデータを格納するとサイトのコンテンツを変更しても、変更前のデータで引っかかっていることがあるように見受けることがあります。
それは、過去のインデックス情報(キャッシュ、若しくは履歴)を長く保有している、若しくは箱を仕切っているから、入れ替え作業が大変なため、一度検索データとして認識したサイトに関しては、少々のコンテンツ変更があっても、サイト自体は存続しているためそのままの状態にしていると考えます。

なので、メインキーワードとサブキーワードみたいな階層を入れ検索結果に反映させていると思う次第です。

ただ、 google に関しては、そういった扱いをしていないように見受けています。
要訳すると、 h タグについているキーワードの評価点と収集しているワードの評価点が yahoo ほどフラットな感じではない、ということです。
そのため、 h タグを意識・利用することで、 google はページをある程度上位に表示させやすいですが、 yahoo はそれだけでは難しい、というところです。

しかし、 h タグの持つ評価点というのは、 html ソースチェックの中に成り立つ要素なので、ホント高が知れたところです。
結局はサイト内全体での評価となるので、 h タグを追加した程度でいきなり上位表示ということはありえないのですが、一つのポイントということで、みなさんも意識されてみては如何でしょうか。

Home > Yahoo google > | Yahoo google > yahoo と google の違い 編

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top