Home > Yahoo google > | 概念 > コンテンツ内容の判別について

コンテンツ内容の判別について

おはようございます。


今回は、検索エンジンがコンテンツ内容とキーワードの判断をするときの云々ということを、具体的に噛み砕いてみようと思います。


検索エンジンは必ず根拠となる数字を計算して、マッチングをしています。
そうした場合、必ず行われていることは、「単語の切り出し」と「切り出した単語の整理」です。
ページ全体の文字数、単語の数、重複単語の数などのチェック、其々を計算することによって確実にサイト内にあるコンテンツ内容を把握することが出来ます。
ただ、確実な計算方法は分かりません。

この「コンテンツ内容を把握」という概念(言い回し)は人間の概念(言い回し)で、検索エンジンからの概念(言い回し)にすると、「データの分別」が正しい表現ですね。

google さんと yahoo さん には、少し違いがあるように見受けています。
それは、被リンクサイトとして認めるための基準の違いです。
yahoo さんの方が割とゆるい感じで、 google さんは少し厳しい感じがするように見受けています。
ここで言う「ゆるい」とはどういう意味かと言うと、サイト全体の特定の単語数が少なくても被リンクとして認定されるようです。
googe さんは割と幅の狭い感じがするので、「 5% くらいがちょうどいい」ということが出ているのだと思います。
このあたりの計算方法も分からないですが、そのように見受けています。

この辺りの計算については、 5 サイトくらいのサイトを新規で立ち上げる時に単語数を計算しながら制作してみると面白いかもしれませんね。

Home > Yahoo google > | 概念 > コンテンツ内容の判別について

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top